臨床研修医は明日の医療現場の担い手として多くの良い経験と実績を積まなければなりません。
しかし、良い経験ができる仕事先を見つけることは、大変に難しいことでもあります。
医療の分野を問わず、若い人たちが職場になじめず、仕事を辞めてしまうということはよくあることです。
研修医の場合、最初の2年間の見習い期間は給料も安く、仕事も基本的なものとなります。
そして、いよいよ3年目から後期臨床研修医として、自分が希望する専門科を選択し、給料も大きく上がります。
指導医について診察をしたり、外科医であれば手術など専門的な医療をしたりする職場が待っているわけです。
それ故に、その選択は非常に大事なものになります。
よい経験、よい勉強ができる信頼できる職場を見つけなければなりません。
単純作業の診察を多くこなすばかりで、勉強や技術力アップができず、忙しすぎてストレスがたまりノイローゼなどの病になってしまっては意味がありません。
そんなことにならないような、後期研修プログラムがしっかりと整った職場がベストでしょう。
そんな充実の研修システムが充実しているのが東京医科大学病院なのです。
東京医科大学病院のサイトでは内容の濃い1週間のスケジュールがチェックでき、年単位でも教育プランがしっかり決まっていて、信頼・充実の研修生活が過ごせることが分かります。
研修プランがきっちりしたすばらしい環境を持った、このような職場が良い職場だといえるでしょう。