人生の大きな決断の一つが結婚です。
結婚というのは、もともと別々に暮らしていたものが一緒になるわけですから、どうしても譲り合わないと成り立たないことが多くあります。
それでも結婚してみて初めてわかることもたくさんあります。
こんなはずじゃなかったとおもうこともたくさんあります。
まったくの性格の不一致だったり、理解に苦しんだり、もっといえば将来に不安を感じるようなことばかりだと、離婚もやむえないのでしょう。
日本人のおよそ3分の1が離婚をする時代となっています。
いつまでも無理な結婚を持続させるよりも、より前向きに歩ける方策を考えるべき時期がやってきても仕方のないことです。
ただそのような時には、きちんと相談のできる相手が必要です。
友人たちなどでは、ストレスの発散にはいいかもしれませんが、感情的な要素ばかりになって、将来に向けていい成果を生み出すことにはなりません。
弁護士のように法律に明るい人に有利な離婚の仕方をきちんと相談するようにしたいものです。
今後の生活のことを考えると、慰謝料のように金銭面のこともありますし、自立した生活を送るためにできる方策を確認してから手続きをしてもまったく遅くはありません。