女性、特にお子さん好きの女性は、不妊でお子さんを授かることができないご夫婦のつらさに共感しやすいことでしょう。
何とか自分が悩みの解消の手助けをできたらと思いつつも、不妊の問題はご夫婦間の問題であるために何もできずにもどかしい思いをしてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな心優しい女性に朗報です。
医療が進歩した現代では、第三者が不妊に悩むご夫婦のためにできることがあります。
それは卵子提供です。
不妊に悩むご夫婦の中には、旦那さんの精子や奥さんの子宮には何の問題もないにも関わらず、妊娠できない方々がいます。
奥さんが先天的・後天的に卵巣異常を抱えていたり、年齢を重ねる中で卵子が老化してしまったりして、健康で元気な卵子を作り出せなくなってしまっているために、上手く受精ができないのです。
その場合、第三者の女性が自身の卵子を提供し、その提供された卵子に旦那さんの精子を受精させた上で奥さんの子宮へと移植すれば、ご夫婦はお子さんを授かることができるようになります。
提供に際しては海外へ渡航する必要があるなど手間もかかりますが、自身の提供した卵子がご夫婦の笑顔に繋がると思えば、大きなやりがいを感じられることでしょう。
ぜひ卵子提供をしてみたいとお考えの方は、ドナー登録を検討してみてはいかがでしょうか。