一定の仕事を完遂する際、各作業セクションの専門的機能を上げることは全体の効率化に繋がります。
車のエンジンに例えると、吸気、燃焼、排気といった流れの中で各部品を良い物に変えていくことで馬力が上がってスピードが出るという結果が得られます。
システムやソフトウェア開発においても同様のことが言えるのではないでしょうか。
プログラムの設計から、開発、運用といった流れの中で専門性を有する社員を配置すれば、作業の流れが速くなり効率化が図れるでしょう。
ですが、企業に必ず各分野の専門家がいるとも限りませんし、一人で全てに秀でたエキスパートがいたとしても全体を効率よく働かせることは難しいでしょう。
そこで、システム、ソフトウェア開発の専門技術を派遣するSES(システムエンジニアリングサービスが注目されています。
自社に足りない技術をSESから提供される専門技術によって補うことにより、効率化が狙えます。
また、会社で新たに人材を雇う事を考えれば、コストやリスクを抑える事にも繋がります。
近年は実際のシステム開発から、より総合的な問題解決策の提案、DMやアフィリエイトといった販売促進戦略まで総合的に応えてくれる総合企業が増えてきています。
http://plubo.co.jp/