麻布十番のかどわきというお店で女子会を開きました。
メンバーは学生時代からずっと付き合っている仲良し3人組です。
一人が麻布に通勤しているので、このエリアのお店には詳しく、かどわきをチョイスしてくれたのでした。
前もって日本料理と聞いていたのですが、こんなに雰囲気のあるお店だとは知らず、もっとおしゃれをして行けばよかったと後悔したくらいです。
麻布十番の裏通りで黒塀の門構えがとても存在感を放っているお店でした。
店頭の灯り一つとっても趣が感じられ、センスの良いお店だなというのが第一印象です。
中に入ると、とても洗練された木造りの内装で、思わず背筋がしゃんと伸びる感じでした。
私たちは個室を予約していたので、周りを気にせずにゆったりとくつろいで食事が楽しめました。
この店のリピーターである友人のすすめで、とくに人気のあるトリュフ御飯や浅利の茶碗蒸しなどを頂いたのですが、私はこの茶碗蒸しにハマってしまったのです。
なんと、フォアグラソースとオイスターソースのあんかけになっているじゃありませんか。
こんな豪華な茶碗蒸しはこれまで見たことがありません。
まったりと美味しい忘れがたい味で、従来の日本料理とはちょっと違う新しい感覚のお料理でした。