朝のメイクにかかる時間で別の事が出来たらと、考えたことはありませんか。
でも女性としてメイクに妥協するのも嫌ですね。
そんな人に知ってほしいのがアートメイクという新しい施術です。
何故かというと、この施術で作った眉毛はメイク落としや汗で落ちないからです。
アートメイクは皮膚層の0.02から0.03mm程度の部分に天然成分主体の色素を入れて眉毛をつくる施術のことで、この色素は皮膚がターンオーバーをするたびに薄くなっていきます。
なのでずっと残る刺青とは違い、薄くなった時に違うデザインにしたり、髪の毛や好みに合わせてそのつど色を変えたりと楽しむこともできます。
そして薄くなるまでは眉毛を描く手間が省けるので、朝の忙しい時間帯に左右対称の眉毛なんて描けないと悩んでいる人にはぴったりの施術です。
皮膚の下に色素があるのでにじむ心配もなく、汗っかきで眉毛を含めたメイク崩れがいつも気になる人にも最適でしょう。
皮膚に色素を入れる時には専用のニードルを使用しますが、銀座にあるアートメイクの銀座beautysalonHaruranでは鎮静クリームを塗りながら施術を行ってくれるので、感じる痛みを最小限に抑えてくれます。
中には施術を受けながら眠ってしまう人もいるそうなので、アートメイクに興味はあるものの痛いのは嫌だという人は、Haruranを利用してはいかがでしょうか。