ゲストハウスといえば、昔は首都圏では外国人のために運営された賃貸のシェア住居のことを指していました。
しかし、イマドキは住民の約8割が日本人で、その約70%が女性ということになりました。
イマドキの女性が要求するのは単に賃料が安いだけではなく、共有設備でのコミュニケーションが目的でゲストハウスを利用する方が多くなっています。
ですから、共有設備の充実した女性が好むオシャレなゲストハウスであることが要求されます。
そんなおしゃれな物件を探すには、昔なら至難の技でしたが、イマドキの物件探しはネットを通じて探すことができるので、探しやすくなっています。
自分が住む部屋を個室でいくのか?相部屋でするのか?洋室にするのか?和室にするのか?なども基本要素を頭に入れた上で、部屋の写真が開催されているサイトでチェックできるのは非常にありがたいことです。
写真じゃないとおしゃれか?どうか?判断できませんから。
初めての経験であれば女性専用の物件を選択するのもいいかもしれません。
そういう女性ならではの選択基準で検索できるサイトは非常に便利です。
東京などの大都市での女性の一人暮らしは何かとトラブルのもとになりかねませんし、なんといっても灯りのついた家に戻ってくるという安堵感は非常に大きいです。
女性は寂しがりやの方が多いですから。http://share-seikatsu.com/