視力を回復させる治療法として普及し始めているオルソケラトロジーは、レーシックやレーザー手術に並ぶ新しい近視矯正方法です。
この治療法は、特殊なコンタクトレンズを就寝中に装着することによって角膜の歪みを矯正して視力を正します。
使用するレンズは、通常のコンタクトレンズとほとんど変わらない操作方法で装着することができ、夜間の装着を続けるだけで、日中、裸眼で過ごすことが可能となるのです。
効果は継続するものではないため、継続的に装用する必要はありますが、個人差があるものの慣れてくれば2日おきの矯正でコントロール出来る場合もあります。
手術不要で日中快適な生活がおくれるとあって、スポーツをしている方や仕事上、眼鏡やコンタクトを使いたくない方にも注目されているオルソケラトロジーですが、まだ国内ではメジャーな治療法とはいえません。
取り扱う専門医は少ないのですが、眼科での治療方法の一つとして知っておくと選択の幅が広がります。
なかでも、若年層は角膜層が柔軟なため特に高い効果が望めます。
正しい知識をもった専門医の指導で行えば、リスクも大変低いので興味のある人は取り扱っているドクターに相談をしてみると良いでしょう。